脱毛テープで脱毛するメリット・デメリット

脱毛テープで脱毛するメリット・デメリット 脱毛テープは昔からある方法でその使用方法は保護シートを剥がして、粘着面を抜きたい毛のところに貼り付け、一気に剥がし取ることで脱毛できると言った簡単なものです。
そのメリットは時間を掛けずに誰でも簡単に脱毛できるということです。テープを貼って剥がすだけなので時間がかからない上、使い切りなので清潔です。
カミソリで剃るよりも毛の生えてくるスピードが遅いというメリットがあります。
脱毛テープのデメリットはテープを使って無理にムダ毛を剥がしとるので、一瞬ではありますがその痛みは非常に強いし毛穴が炎症を起こします。
テープは肌にも貼り付くので、肌も剥がし取られるということもあり肌のバリア機能が低下してしまいます。
また脱毛前にはテープが付きやすいように毛を揃えておく必要もあるので、毛を生やさなければ行けません。
脱毛テープは一度にすべてのムダ毛が取れることはほとんどないので、何回も痛い思いをしなければならないこともあります。

脱毛テープの魅力とは

脱毛テープの魅力とは 脱毛テープとは、粘着面を脱毛したい部分に専用のテープを貼りつけ、ムダ毛とともに一気に剥がしとる脱毛方法です。
その魅力は、時間がかからずに簡単にできるということでしょう。バスタイムにカミソリでジョリジョリと剃るとか、毛抜きで1本ずつチマチマ抜くということが面倒な方におすすめの方法です。
テープは1回使い切りなので清潔ですし、剃るよりも効果が長いことも魅力ポイントです。
でも、脱毛テープはデメリットのほうが多いかもしれません。まずは、テープを剥がす時の痛みです。
ゆっくり剥がしてもムダ毛は抜けないので思い切りが必要になり、痛みと同時に皮膚に負担がかかります。肌の弱い方であれば赤くなることもありますし、そもそも粘着剤で肌が荒れてしまう可能性も高いです。
特に粘着力が高いテープの場合、効果も高いですが、肌の薄い皮膚ごと剥がしてしまうこともあります。
肌を傷めないためにも、テープを使う前に、自分の肌に合っているかチェックするようにしましょう。